ブログ記事

blog福岡市南区で不眠症でお困りの方へ②

2022/01/12

こんにちは。

前回の続きになります。

不眠症と診断されれば睡眠衛生指導、認知行動療法、薬物療法などを試みることになっていきます。

現在睡眠薬は
・ベンゾジアゼピン受容体作動薬(抗不安作用を持つ)
・メラトニン受容体作動薬(リズムを改善し入眠を促進する)
・オレキシン受容体拮抗薬(脳の覚醒レベルを抑制)
が主流です。
適正な用法・用量を守っていれば副作用も少なく依存性も比較的低いとされています。

自己判断で量を増減する
人のものをもらって内服する
アルコールと一緒に服用する
市販の睡眠薬を連続服用するなどは
やめましょう。

ご相談ください。

清水 聡孝

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ