大腸ポリープ・早期大腸がん切除手術

  • HOME>
  • 大腸ポリープ・早期大腸がん切除手術

colorectal polyp日帰りで受けられる大腸ポリープ切除

大腸ポリープとは?

大腸ポリープとは?

大腸ポリープとは、腸の粘膜にできるポリープです。
大腸ポリープは大きく分けて過形成性ポリープと腺腫性ポリープに分類され、このうち腺腫性ポリープは“がんの芽”と言われていて、がん化する可能性があります。
そのため、大腸カメラ検査でこのポリープが見つかった場合には、内視鏡下で適宜切除して大腸がんを予防します。

福岡市南区のしみずクリニックでは大腸ポリープの切除を行っていて、形・種類・大きさによっては大腸カメラ検査と一緒に切除することが可能です。
従来は外科的処置が必要でしたが、今では内視鏡を使って切除できるため、日帰りで受けられます。

大腸ポリープの症状

はっきりとした自覚症状は現れませんが、進行して大きくなった時、便が通過する時にポリープの表面にこすれて出血し、血便が出る場合があります。
ただし、血便=大腸ポリープというわけではないので、大腸カメラ検査を受けてきちんと診断してもらうようにしましょう。

colorectal polyp大腸ポリープを切除してがんを予防

大腸ポリープを切除してがんを予防

基本的に過形成性ポリープは切除の対象とはならず、前がん状態である腺腫性ポリープが切除の対象となります。
胃がんと違い、大腸がんはポリープを経てがん化するため、ポリープの時点で切除すれば大腸がんは予防することが可能です。
当クリニックではコールドポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術(EMR)など、大腸ポリープの形・種類・大きさに応じて適切な方法で切除いたします。

colorectal polyp大腸ポリープの切除方法

コールドポリペクトミー

コールドポリペクトミーとは、高周波を流して焼き切るのではなく、通電せずに切除する方法です。
出血や穿孔のリスクが少ない安全性の高い方法です。
切除の対象となるのは10mm未満のポリープで、それ以上のポリープは出血などのリスクが高いため、高周波を流して切除します。

コールドポリペクトミーはさらに2つの方法に分けられ、スネアで締め付けてそのまま切除する方法と、鉗子でつまんで切除する方法があります。
基本的にポリープの大きさが4mm以下の場合、鉗子を使って切除を行います。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

ポリープの下に生理食塩水を注入して持ち上げて、人工的に隆起を形成した後、スネアをかけて高周波を流して切除する方法です。
隆起の少ないポリープを対象に行われます。

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ