大腸カメラ検査について

  • HOME>
  • 大腸カメラ検査について

colonoscopy大腸カメラ検査とは?

大腸カメラ検査とは?

大腸カメラ検査(下部消化管内視鏡検査)とは、肛門から内視鏡を挿入して直腸から小腸の末端部まで大腸全域を観察する検査です。
大腸がんは、大腸カメラ検査にて前がん病変である大腸ポリープを発見し、適宜切除することで予防可能ながんです。
大腸ポリープの切除は形・種類・大きさによってはその場で切除可能です。
大腸がんの早期発見のための検査として、大腸カメラ検査以外に便潜血検査がありますが、もしこちらの検査が陽性だった場合には、精密検査として必ず大腸カメラ検査を受けられるようにしてください。

鎮静剤を使って苦痛・つらさを抑えます

鎮静剤を使って苦痛・つらさを抑えます

「大腸カメラ検査はつらい」というイメージが強いですが、鎮静剤を使うことで苦痛が抑えられます。
鎮静をかけることで、ほとんど眠っているのと同じ状態となるため、楽に検査が受けられます。

大腸カメラ検査に自信があります

大腸カメラ検査に自信があります

当クリニックの院長は内視鏡専門医の資格を持ち、豊富な検査実績を有しています。
以前受けた検査がつらくてトラウマになっている方や、より精密な検査・説明が受けたいという方は、是非当クリニックへご連絡ください。

内視鏡下で大腸ポリープを切除

内視鏡下で大腸ポリープを切除

大腸カメラ検査にて、前がん状態である大腸ポリープが見つかった場合、内視鏡下でそれを切除することが可能です。
ポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術(EMR)など、大腸ポリープの形・種類・大きさに応じて適切な方法で切除いたします。

高性能・高画質な内視鏡システムを導入

富士フイルム製の高性能・高画質な内視鏡システムを導入しており、小さな病変も見逃さない精度の高い大腸カメラ検査を行わせていただきます。

colonoscopy患者様のニーズに合わせて検査方法をご案内

患者様のニーズに合わせて検査方法をご案内

検査時の苦痛が心配な方には、鎮静剤を使用した大腸カメラ検査をご案内いたしますが、鎮静剤を使用するとクリニック内で1-2時間程度お休みいただくことになります。
また、鎮静から覚めた後もふらつきなどの影響が残る恐れがありますので、ご自身の運転によるお車でのご帰宅はお控えいただくことになります。

そのため「検査後、すぐに仕事へ行きたい」「車で帰宅したい」という場合には、鎮静剤を使用しない検査をご案内いたします。
もちろん、この場合でもできる限り苦痛が抑えられるように努めます。
また「医師に説明してもらいながら検査を受けたい」という方もおられるので、この場合にも鎮静剤を使用しない検査をご案内いたします。

colonoscopy女性の方も積極的に大腸カメラ検査の受診を

女性の方も積極的に大腸カメラ検査の受診を

女性の方にとって大腸カメラ検査は抵抗感の強い検査ですが、女性のがん死亡率の第1位は大腸がんですので、どうか積極的に受けていただきたいと思います。
どうしても抵抗があるという場合には、せめて年1回の便潜血検査だけでも受けられるようにしてください。
そして便潜血検査が陽性だった場合には、どうぞ精密検査としての大腸カメラ検査の受診をご検討ください。

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ