経鼻内視鏡検査について

  • HOME>
  • 経鼻内視鏡検査について

nasal endoscopy鼻からの検査で胃カメラ検査を楽に

経鼻内視鏡検査とは?

経鼻内視鏡検査とは?

経鼻内視鏡検査とは、口から内視鏡を挿入するのではなく、鼻から挿入する胃カメラ検査の方法です。
口からの胃カメラ検査(経口内視鏡検査)の場合、内視鏡が舌の付け根を刺激して「オエッ」という嘔吐反射が起こりやすく、これが患者様の負担となっているのですが、経鼻内視鏡検査なら内視鏡が舌の付け根に当たらないので、検査時の嘔吐反射が抑えられて楽に検査が受けられます。

福岡市南区のしみずクリニックでは経鼻内視鏡検査に対応していて、楽に胃カメラ検査を受けていただくことが可能です。

nasal endoscopy経鼻内視鏡検査の特徴

嘔吐反射が起こりにくいので苦痛が少ない

内視鏡挿入時や観察中の苦痛が少なく、吐き気・嘔吐反射が起こりにくいので楽に検査が受けられます。

鎮静剤なしで楽に検査可能

鎮静剤なしで楽に検査を受けることが可能なので、検査後、すぐにお仕事へ行くことができます。
また検査直後のお車の運転も大丈夫です。

検査中に医師と会話できる

意識がある状態で検査が受けられますので、検査中に医師と会話でき、ご自身でも画像を見ながら説明を受けることができます。
また、何か異変が起きた時もすぐに伝えられるので安心です。

経口内視鏡検査と比べても画質は劣らない

経鼻内視鏡検査の内視鏡は直径が細いため、一昔前は「経鼻内視鏡の画質は劣る」と言われていました。
ですが、検査機器の進歩により今では経口の内視鏡と比べても遜色はありません。

nasal endoscopy経口内視鏡検査でも苦痛は抑えられます

経口内視鏡検査でも苦痛は抑えられます

鼻が狭い、鼻血が出やすい、抗血栓薬を服用しているなど、様々な事情により経鼻内視鏡検査がおすすめできない場合があります。
そうした場合でも、鎮静剤を使用した経口内視鏡検査により苦痛を抑えて検査を受けていただくことが可能です。
鎮静剤を使用することで、ほとんど眠っているのと同じ状態で胃カメラ検査が受けられます。

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ