胃が痛い・みぞおちが痛い・背中が痛い

  • HOME>
  • 胃が痛い・みぞおちが痛い・背中が痛い

painこんな症状はありませんか?

  • 胃が痛い
  • みぞおちが痛む
  • 背中に痛みがある
  • 空腹時に胃が痛む
  • 食欲が低下している
  • 体重が落ち続けている
  • 食事をすると背中や胸が痛む
  • 吐き気がある、吐いてしまう

など

このような症状でお困りでしたら、お早めに福岡市南区のしみずクリニックへご相談ください。

pain考えられる病気

胃の痛み・みぞおちの痛み

急性胃炎
急性胃炎

胃の粘膜で炎症が起こった状態で、突然、痛みが現れます。
吐き気や嘔吐、発熱などの症状が現れることもあります。
原因は様々で、暴飲暴食や不規則な生活などの生活習慣の乱れ、ストレス、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染、寄生虫などで起こります。
痛み止めなどの副作用として起こることもあります。

逆流性食道炎

胃酸や胃の内容物が食道へ逆流することで、胸やけや頻繁なげっぷ、呑酸(どんさん)などの不快な症状が現れる病気です。
上記の症状のほか、空腹時に胃が痛むこともあります。

胃潰瘍
胃潰瘍

潰瘍とは粘膜の一部が窪んでいる状態を言い、これが胃の粘膜にできるものを胃潰瘍と言います。
食事中や食後に吐き気がしたり、腹痛を起こしたりします。
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染、暴飲暴食、ストレスなど様々な原因で起こります。
胃カメラ検査を受けてヘリコバクター・ピロリ菌の感染が認められ、胃潰瘍と診断されれば2回まで保険適用で除菌治療が受けられます。

十二指腸潰瘍

十二指腸の粘膜に潰瘍ができた状態です。
空腹時に吐き気や腹痛などの症状が起こりやすいです。
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染のほか、疲労の蓄積やストレスなどで起こります。
胃カメラ検査を受けてヘリコバクター・ピロリ菌の感染が認められ、十二指腸潰瘍と診断されれば2回まで保険適用で除菌治療が受けられます。

慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)
慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)

ヘリコバクター・ピロリ菌の感染が長く続くと、慢性胃炎を引き起こす場合があります。
みぞおちあたりの痛みが続くのが特徴で、胸やけや膨満感、食欲不振などの症状も現れます。
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染の有無は胃カメラ検査(+他検査)で確認でき、感染がある場合には除菌治療をおすすめします。

食欲低下、体重減少

胃がん

胃がんは胃カメラ検査により早期発見・早期治療が可能です。ピロリ菌感染が、胃がんリスクを高めることが明らかになっております。

食道がん

初期にはほとんど症状は現れませんが、背中・胸の痛みに加えて、喉の痛みや体重減少などの症状がある時は注意が必要です。特にたばこを吸われる方、お酒を大量に飲まれる方は注意が必要です。

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ