潰瘍性大腸炎・クローン病

  • HOME>
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病

IBD潰瘍性大腸炎・クローン病について

潰瘍性大腸炎とは?

潰瘍性大腸炎とは?

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜でびらんや潰瘍が起こる原因不明の病気です。
国から難病に指定されていて、年々増加傾向にあります。
主に10~30代といった若い世代に多くみられ、腹痛や血便、下痢などの症状が現れます。

症状
  • 腹痛
  • 血便
  • 下血
  • 下痢
  • 発熱
  • 倦怠感
  • 体重減少
  • 貧血

など

クローン病とは?

クローン病とは?

クローン病とは、主に小腸や大腸などの粘膜でびらんや潰瘍が起こる原因不明の病気です。
潰瘍性大腸炎と同様に、国から難病に指定されています。
潰瘍性大腸炎との違いは異変が起こる部位で、潰瘍性大腸炎は主に大腸に現れますが、クローン病は口から肛門にかけて消化器全体に現れます。

症状
  • 腹痛
  • 下痢
  • 発熱
  • 切れ痔
  • 穴痔
  • 肛門周囲膿瘍
  • 体重減少

など

IBD大腸カメラ検査で診断

潰瘍性大腸炎やクローン病は、軽症のうちはクリニックで診ることが可能ですが、重症化すると入院が必要になったり、専門的なお薬を使った治療が必要になったりします。
そうしたケースでは適切な専門機関をご紹介して、患者様が必要とされる専門的な検査・治療が受けられる体制を整えます。
当クリニックの近隣には基幹病院がたくさんありますので、スムーズに連携をはかることができます。

ただ、潰瘍性大腸炎・クローン病の診断につきましては、当クリニックで行う大腸カメラ検査で可能ですので、腹痛や血便、下痢などが続く場合には一度当クリニックへご相談ください。

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ