血便・便潜血陽性

  • HOME>
  • 血便・便潜血陽性

bloody stool血便が出た時はすぐにご相談を

血便が出た時はすぐにご相談を

血便の種類は様々で、便に血が混じって赤い便が出る場合もあれば、黒色や赤黒い色の便、また粘り気の強い便が出る場合もあります。
いつもと便の状態が違うとお感じになられたら、お早めに福岡市南区のしみずクリニックへご相談ください。

考えられる病気

大腸ポリープ
大腸ポリープ

大腸ポリープは大腸カメラ検査で調べることができ、形・種類・大きさによってはその場で切除することが可能です。

大腸がん
大腸がん

大腸がんがあると、便が通過する際に傷ついて出血する場合があります。“痔かな?”と思われている方も大腸がんの可能性もありますので注意が必要です。
便秘や下痢を繰り返されている方もぜひ一度大腸カメラを受けてください。

潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜で慢性的な炎症が起こっている状態で、国から難病に指定されています。
炎症が起こっている部分から出血し、粘り気のある血便が出ます。慢性的な腹痛、便回数の増加が特徴的で、発熱や関節痛、皮疹などを認めることもあります。

痔(いぼ痔・切れ痔)
痔(いぼ痔・切れ痔)

いぼ痔や切れ痔が原因で血便が出ることがあります。
ただし、痔と思っていたら大腸がんだったということもあるので、自己判断せずにきちんと検査して適切な診断を受けるようにしましょう。

bloody stool便潜血検査が陽性だった場合は?

便潜血検査とは?

便潜血検査とは、便中に血液が含まれているかどうかを確認する検査です。
2日法で検査が行われ、これは2日分の便を採取して、その中に血液が含まれているかどうか調べる方法です。
肉眼では見えない微量な血液も調べられます。

便潜血陽性の原因は?

便潜血検査が陽性となる原因はいくつかあり、大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎・クローン病(炎症性腸疾患)、痔(いぼ痔・切れ痔)が挙げられます。
便潜血検査が陽性だった場合、これらの病気の可能性があります。

「痔と思っていたら…実は大腸がんだった」ということも

いぼ痔や切れ痔などの痔により、便潜血検査が陽性となるケースは珍しくありません。
ですが、「痔と思っていたら…実は大腸がんだった」ということもあります。
特に女性の方は出産を機に痔になることが多く、「痔のせいだろう」と思っていたら大腸がんを見逃すことがありますので、便潜血検査が陽性だった場合には、必ず大腸カメラ検査を受けるようにしましょう。

50歳を過ぎたら定期的に受診を

大腸がんの早期発見のためには大腸カメラ検査の受診が大切ですが、便潜血検査も大事です。
特に糖尿病の方や喫煙者の方は大腸がんのリスクが高いので、50歳を過ぎたら定期的に受けられることをおすすめします。
大腸がんは初期にはほとんど症状が現れず、進行するにつれて血便、下血、下痢や便秘を繰り返す、体重減少などの症状が現れます。
これらの症状が現れるのは、すでにがんが大きくなって腸が閉塞しかかっている時なので、そうなる前にがんを発見するためにも便潜血検査を毎年受けるようにしましょう。

そして検査の結果が陽性だった場合には、精密検査として大腸カメラ検査を受けられるようにしてください。

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ