検査の流れ

  • HOME>
  • 検査の流れ

flow胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)の流れ

1事前診察

胃カメラ検査は予約制で、事前に診察を行います。
診察後、検査日をご予約いただきます。

2検査前日

検査前日は消化に良いものを食べて、夜9時までにお済ませください。
その後は絶食でお願いします(水分摂取はかまいません)。

なお、糖尿病などの基礎疾患をお持ちの方は、検査前の注意点が異なるため、個別にご案内させていただきます。

3検査当日

検査当日の朝食も絶食でお願いします。
お薬の服用については、事前に医師へご相談ください。

4ご来院

当クリニックへお越しいただき、受付をお済ませください。

5検査前の準備

胃の中の泡を取るお薬を飲んでいただき、検査台に横たわっていただきます。

経口内視鏡検査の場合

咽頭に麻酔を施して、胃の動きを抑えるお薬を注射します。
鎮静剤を使用する場合には、点滴にて静脈に鎮静剤を注入します。

経鼻内視鏡検査の場合

鼻に粘膜麻酔剤した後、麻酔剤の付いた細い内視鏡を鼻へ挿入します。

6胃カメラ検査

胃カメラ検査を実施して、食道・胃・十二指腸などを観察します。
観察時間の目安は15~20分程度です。

7検査終了

経口内視鏡検査の場合

鎮静剤を使用した場合、クリニック内で2時間程度お休みいただき、鎮静から覚めた後、検査結果をご説明いたします。

経鼻内視鏡検査の場合

検査終了後、すぐ検査結果をご説明します。

8ご帰宅

経口内視鏡検査の場合

鎮静から覚めてもふらつきなどの影響が残る場合があるため、ご自身の運転によるお車でのご帰宅はお控えください。

経鼻内視鏡検査の場合

検査後、すぐに仕事へ行くこともでき、検査直後からのお車の運転も大丈夫です。

flow大腸カメラ検査(下部消化管内視鏡検査)

1事前診察

大腸カメラ検査は予約制で、事前に診察を行います。
診察後、検査日をご予約いただきます。

2検査前日

検査前日は消化に良いものを食べて、夜9時までにお済ませください。
その後は絶食でお願いします(水分摂取はかまいません)。

なお、糖尿病などの基礎疾患をお持ちの方は、検査前の注意点が異なるため、個別にご案内させていただきます。

3検査当日

検査当日の朝食も絶食でお願いします。
お薬の服用については、事前に医師へご相談ください。

4前処置

ご自宅で下剤を服用していただき、腸の中を空っぽにします。
クリニック内で前処置していただくこともでき、大腸カメラ検査を受けられる方専用のトイレをご用意しています。

5検査前の準備

鎮静剤を使用する場合には、点滴にて静脈に鎮静剤を注入します。

6大腸カメラ検査

大腸カメラ検査を実施して、直腸から小腸の末端部まで大腸全域を観察します。

7検査終了

鎮静剤を使用した場合

クリニック内で2時間程度お休みいただき、鎮静から覚めた後、検査結果をご説明いたします。

鎮静剤なしの場合

検査終了後、すぐ検査結果をご説明します。

8ご帰宅

鎮静剤を使用した場合

鎮静から覚めてもふらつきなどの影響が残る場合があるため、ご自身の運転によるお車でのご帰宅はお控えください。

鎮静剤なしの場合

検査後、すぐに仕事へ行くこともでき、検査直後からのお車の運転も大丈夫です。

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ