ブログ記事

blog福岡市南区で胃カメラ・大腸カメラの御検討をされている方へ

2022/03/08

こんにちは。

蔓延防止がやっとで解除になりましたね。
しかしまだまだ油断はできないので皆さん、手洗い・マスク等引き続き頑張っていきましょう。

さて私の経験した症例の話です。

胃カメラ検査で胃がんを発見した症例です。

患者さんの年齢は30歳代前半、女性です。胃が痛む、ということで受診されました。
胃カメラ検査を実施しますと、明らかにピロリ菌に感染している所見で小さな潰瘍を認めました。生検(組織をとる検査)を実施しましたところその結果が悪性、の診断でした。進行の早いタイプのがんでした。スキルス胃がんの診断になりました。

このようにお若い方でもがんにかかりえます。
お若い方で胃痛のある方。原因は様々ですが、胃カメラを実施してがんの可能性を否定しませんか?

お待ちしております。

清水

092-562-0075

WEBで
お問い合わせ